ブログBLOG

これぞ職人の鏡!駿和会 会長の仕事っぷり!

UPDATE:2017.06.16
CATEGORY:スタッフブログ, 現場発信!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

こんにちは 駿河屋現場担当の山本です

 

7月30日 駿河屋創業360周年を感謝しておこなう 「駿河屋夏まつり!」

本日も駿河屋スタッフで 流しソウメンや丸太切り・射的・野菜つかみとり・かき氷 などなど (*^。^*)

開催まで一か月半を切ったこともあり 各自準備の進捗状況など確認致しました

 

本当に盛りたくさんの楽しい内容ですので 皆様 「木の箸作り」 を完成させ 是非ご参加くださいね (^。^)

 

 

 

 

それでは 前回からお届けしております 地元墨田区マンションリフォームの O様邸の解体施工状況をお届けしたいと思います

 

築35年以上のマンションで 床は水廻りを除いて直床(じかゆか) 壁もクロス直貼 天井もダクト廻りを除いて 直天(じかてん)といった既存の状態です

O様は長年 湿気とカビに悩まされていたそうで 今回のリフォームではその改善がポイントとなっております

 

 

 

 

解体工事は 駿河屋職人さんの会 『駿和会』 の会長をしてくださっております 大竹さん自ら指揮をとってくださいました

 

解体作業は騒音・埃のでる作業ですので 作業中は窓を閉め切って作業を行います

窓を開けていると閉めているとでは騒音の度合 埃も洗濯ものを干しているベランダなどに飛んで行ってしまうので マンションの工事の際は細心の注意を払わなければなりません

 

ただこの時期 作業をされている職人さん方には 申し訳ないくらい暑くなってしまいます (^_^.)

 

 

 

 

今回はほぼフルリフォームですが 部分的に間仕切り壁を残す部分があり どのあたりまで解体すれば 大工さんが作業しやすいか 電気屋さん設備屋さんの配線・配管に支障はないかなど 確認しながら解体作業を進めていきます

解体材の搬出時なども マンションの共用部を通るので 養生と住人の方の通行の妨げにならないよう配慮も致します

 

解体屋さんは解体する豪快なイメージがありますが 近隣の方へ配慮する繊細な部分も意外と持ち合わせいるのです (^_^)v

 

 

 

 

解体工事は5日間を予定してしているのですが およそ2日で写真のような状態です

4名で大まかな解体作業はあっという間です!

ただここからが大変な作業 直床 直壁 ならではの糊剥がし クロス剥がし作業が待っております

 

 

 

 

今回のリフォームでの壁の仕上げ材は 駿河屋厳選素材の一つでもある 北海道稚内産の珪藻土を塗る予定です

この珪藻土 既存のクロスの上からでも施工が可能なのですが 直壁-コンクリートに直接クロスが貼ってある場合ですと そのクロス・そしてクロスの裏紙まできれいに剥がさないと塗ることができないのです

このクロス剥がしでも 地味に2日間かかりました

 

 

 

 

写真は解体後の状況です

 

気持ち良いくらいキレイに掃除もしてあり 流石!駿和会会長といった感じです!

駿和会の会議では 安全管理であったり 現場の整理整頓 ご近隣の方への配慮 そして各業者が仕事をしやすいよう協力できる体制を目指し 話し合い改善していく上で 見本となるような施工です

 

お客様との繋がり 職人さん同士の繋がりをとても大切にしている 大竹さんならではの仕事っぷりです!

 

 

それでは次回の現場発信もお楽しみに! )^o^(

 

 

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

 

UPDATE:2017.06.16
CATEGORY:スタッフブログ, 現場発信!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029