ブログBLOG

登山のワクワク感とフリーの海外旅行のワクワク感が似ていると気づいてしまった話し

UPDATE:2017.04.12
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日は娘と久しぶりに旅行に出かけました。

場所は香港。

久しぶりの娘との2人旅をたっぷり楽しんだのですが、自分への「ある気づき」が得られた旅でもありました。

 

P3220998

 

それは、登山と海外旅行が同じだということ。

今日はそんなちょっとプライベートな話しをします。

 

 

登山のワクワク感

 

PC290324

 

僕のライフワークともなっている登山。

一言で「登山」といっても、雪山や沢登りへ1人で出かけたり、ちょっとヤバい場所をスキーで滑ったり、エクストリームにかなり偏った遊びです。

周りの人には心配されるし、変態扱いされるし(笑)

何が楽しいのか全く理解されず、一緒に楽しんでくれる友達も少ないです。

 

P8080861

 

僕は山でのトレーニングのつもりではじめた、山を走る「トレイルランニング」も「トライアスロン」も、いくつか大会にも出ましたが、いまいちハマりません。

なんでかな~と自分自身を見つめ直してみると、「管理された環境でのスポーツ」に魅力を感じない自分に気づきました。

つまり「命のリスクが無い」ということに、物足りなさを感じている自分がいたんです。

 

23678578-1-1_5-824554_DATAx1

 

その点、山での遊びは全て自己責任が基本です。

その上で、日頃のトレーニングと体調管理、食事から食料計画、ルート計画や天候を読むこと、必要な道具や重さまで、すべて自分で計画して挑みます。

実際の山では思う様にいかないことも沢山あって、それを1つ1つ乗り越えながら当初の計画をやりとげる。

生きて帰ってきたという充実感と、生きているという実感。

それを自分一人で成し遂げた満足感。

それが日頃の自分のエネルギーになっているようでなりません。

 

PC250732

 

でも、それと同じ感覚を味わえるのではないか?

と改めて海外旅行で感じてしまったんです。

 

 

海外旅行のワクワク感

 

P5150105

 

娘との旅行についてお話ししました。

当初は2人旅ということもあり、すごく楽しかったのですが、それよりも完全フリーの旅行にワクワクしました。

20代はパック旅行に行くことも多く、バスに乗って観光名所をまわったり、最後に土産屋に連れて行かれたりということにウンザリしていました。

ダイビングでも海外へ行っていたのですが、現地ガイドが日本人だったりしてました。

今でも海外は用事があって出かけますが、たいがい現地には知っている友人がいて、いろいろと面倒をみてくれます。

 

P3241044

 

今回の娘との香港旅行は完全にフリーだったんですね。

知人や友人も誰もいない。

娘と二人なので頼れるのは自分だけです。

治安の良い香港といえども貴重品には気をつかい、周りには常に意識を張り巡らしています。

観光地や食べるものなど、事前にリサーチしながら、カタコトの英語で一般交通機関を乗り継ぎ目的地に到着する。

日本人もほとんど見かけなかったので、異国感もたっぷり感じ、滞在中はずっとワクワクしていたんですね。

 

なんでこんなにワクワクするんだろう?

そう思ってじっくり自分の欲求を内省してみたんです。

そうしたら、

 

P3231031

 

登山と同じ「ちょっとの危険とリスク」「計画し自分一人で成し遂げる事」

 

というところにワクワク感を感じている自分を見つけてしましました。

「そうか、自分がバックパッカーになりたいという夢は、こうした欲求からだったんだ」と気づきました。

 

 

バックパッカーになりたいオジサン

 

P5130007

 

僕の夢の1つは「バックパッカー」になること。

そうです。

あの、大きなザックを背負って世界を自由に旅するバックパッカーです。

 

え?あれって学生とか、自分探しの人がやるんじゃないの?

 

というイメージかもしれません。

 

僕は大学卒業前にやりたかったのですが、諸事情があり北海道ヒッチハイクの旅で我慢しました。

その当時の夢の実現が出来ていないので、仕事が一段落したらバックパッカーになるという夢を実現させたいと思っていました。

でも、もう待たなくても行けるような気がしてきました。

 

 

世界が小さくなっている

 

P1310356

 

世界は確実に小さくなっています。

LCCなどの格安航空券で、金銭的ハードルも低くなりました。

本当に週末と有休を使って海外旅行に行ける時代です。

 

将来の夢の実現に向けて、英語を勉強しなおそうと思ったのは去年でしたが、予定外に宅建取得が入ってしまったので、英語への取り組みが少し遅くなりましたが、2月から毎日取り組んでいます。

 

5年前にスカイツリーが地元に出来て、近所に外国からの観光客がうようよいる状況を、日々見ているからかもしれません。

確実に世界は小さくなっていて、地球を見る感覚が僕の中でも大きく変わってきています。

 

 

せっかちな僕は我慢できない

 

P5120003

 

航空券も安くなり、時間も休みも自分でコントロールできるようになりました。

英語もギリギリ旅を乗り切れるスキルがついてきました。

であれば、もうバックパッカーになることを、待っている必要がないんじゃないの?

そう気づいてから、自分の欲求を止められない衝動にかられていて、本を読みあさっています。

 

正直、これだけのめり込んでいる山よりも、新しい興味を見つけてしまった感じと、「ちょっとのめり込んだらマズいな」という感覚。

それは、海外旅行に「危険」をトッピングしてしまいそう。

つまり、ネパールのトレッキングから、本格的な登山にハマってしまうのではないかということです。

 

そこまではしないにしても、マネごとくらいはしてみたい。

多分、トレッキングじゃ満足出来ない。

そんな自分を感じています。

 

03

 

ネパールまで数万円。

まずは来年、トレッキングに行くために準備をはじめました。

また楽しみな目標が出来ました!

来年まで待てるかな~

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

今日は天気と休みのタイミングがうまくとれたので、絶対に山に行こうと思って決意しておりました。

仕事が終わったのが9時で、そこから天候と山域をにらめっこして決定し、奥秩父が天気が安定しているとわかったので東京の最高峰、雲取山に決めました。

 

奥多摩方面からは二度ほど登っていたので、今度は三峯神社からのロングルートを行くことに決定し、地形図や計画書やらGPSデータやらを準備して帰ったのが11時・・・。

 

出発には午前2時30分起床でないと、朝7時に登山口に建てません。

あーもームリかも・・・。

既に心折れていた状態で11時30分に布団に潜り込みました。

 

気づいたら朝6時・・・。

 

昨日どたばたと準備をしていた姿を知っていた家族は、起きてきた僕をみて爆笑

「なんでいるんだー!(笑)」

 

俺が知りたい・・・。

 

しかたなく東京は風が強かったですが、久しぶりに10kmランニングに出かけました。

 

 

桜のさかりは過ぎましたが、今年の花見はなんとか出来た感じでしょうかね~・・・。

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.04.12
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029