ブログBLOG

「木造住宅は火災に強い」は単なる工務店の贔屓ではないのか

UPDATE:2017.01.31
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火災がおきて怖いのは木造住宅で、安心なのは鉄骨や鉄筋、コンクリートで出来た住宅。

そんなイメージを皆さんもっている人も多いと思います。

 

でも、「木造住宅は実は火災にも十分耐えうるんです!」なんていう、工務店のハナシを聞くと、「たんなるひいき目ではないのか」と思う人も多いと思います。

なので今日は具体的数字をもとにお話しします。

 

木材が火に強い?

 

 

P5030776

 

木材は燃えると二酸化炭素と水になります。

でも木は燃えるから弱いということはないのです。

 

木に水分があるうちは、熱を加えても100度にはなりません。

水分が無くなったときにはじめて温度が上昇して100度を超えて、さらに温度が上昇して260度になったときに、木は分解されてガスが発生します。

このガスに火がつくいた状態が「木が燃えている」という状態です

 

つまり、木が燃えているのではなくて、熱せられた木から可燃性のガスが出て、そのガスに火がつくのです。

 

キッチンでテンプラ油が熱せられて、ガスに火がつくのと同じことです。

なので、木に含まれている水分の量、つまり含水率が高いと、木は熱せられても水分が蒸発するまでに時間がかかるので、危険温度になるまで時間がかかります。

異常乾燥注意報が出ると、火災に注意しなければならないのは、こうした理由からです。

 

さらに熱を加えると、温度が上昇し、450度になると自然発火し、500度で灰になります。

 

空気を含んでいる木

 

木は空気をたくさん含んでいるので、熱を中に伝えにくい素材です。

また、火は酸素がないと燃えないので、酸素のある表面からじわじわと燃えていくので、木造住宅の構造的強さが、火災で一気に落ちることはありません。

木材は1分間で約07㎜という非常にゆっくりしたスピードで灰になっていきます。

火災に気づいて逃げるまでに、仮に30分かかったとしても、30分で21㎜ですから、火災が起きても十分逃げるまでに時間が稼げるのです。

 

木造住宅の建築基準法で、木材の燃えしろをプラスして断面寸法を決めるのは、このためです。

 

今日の「わかった!」

 

木造住宅は火災に弱いと思われがちですが、いざ火災になった場合には、逃げる時間がそれなりに確保出来る構造になっています。

万が一、逃げるのに少し時間がかかったとしても、いきなり崩れるようなことはなく、じわじわと構造体の強度が下がってきます。

 

木材ですから、決して火災に強いとは言えませんが、鉄は逆に熱にとても弱いので、被覆をしなければなりません。

また、乾燥しすぎたような木材は、含水率が高い木材よりもよく燃えることから、人工乾燥でかなり低い含水率となった木材のほうが、燃えやすいということも理解できると思います。

 

関連ブログ

「木の家は火災に弱い?」

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

昨日のブログ

「万能酵母液の効果を実感できない方に2年間飲み続けた僕が伝えられること」

は、1日で1500アクセスになり、ちょっとビックリでした。

 

こうした健康法はなかなか長く続けるのが難しいものですが、僕の場合には効果てきめんだったので、いまだに続けていられるのだと思います。

 

効果が感じられない方は是非僕のブログを読むと、ヒントになると思います。

 

腸内環境がよくなると、思考もポジティブになりますし、とっても調子が良いので、万能酵母液をご存じ無い方は、是非こちらのブログで知って下さい。

 

ブログ:(万能酵母液作り方講習会)オナラの臭さとネガティブ思考は比例する

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.01.31
CATEGORY:ブログ, 戸建住宅について, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。