ブログBLOG

中古住宅の「内装リフォーム済み」はお得か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんが中古の戸建て住宅や

マンションを探すときに

「リフォーム済み」物件の多いことに

驚かれると思います。

 

futuu

 

リフォーム済みだとなんとなくお得感が

あるかもしれませんが

よく考えるとわかるとことですが

お得では全くありません。

 

今日は、こうしたちまたに溢れる

「リフォーム済み」物件のお話しをします。

 

「リフォーム済み」物件の多いワケ

「リフォーム済み」物件の多いワケ

 

ちまたに溢れる「リフォーム済み」物件は

なぜ多いのでしょうか。

 

それは、「再販業者」と呼ばれる

不動産を仕入れてリフォームをし

改めて販売する会社が沢山あるからです。

 

物件の仲介をするだけだった

不動産売買の仲介会社が

内装をリフォームすることを取り入れ

再度販売をする会社が

「再販業者」と呼ばれる会社さんたちです。

 

しかし、こうした会社でも

素晴らしい会社もありますが

にわか再販業者のようなところもあります。

 

つまり、建築の知識がなく

お化粧直しだけしてイメージをよくし

販売してしまうケース。

 

それはそれで悪いことではありませんが

適切な時期に工事しておいたほうが

良い部分なども無視して

見える部分だけ綺麗にして売ってしまうというのは

専門家からすると、いささか不満です。

 

彼らは不動産知識は豊富ですが

肝心の建築に対する知識は不足しているので

施工も適切ではないケースもあります。

 

なぜ、そうしたことが言えるかというと

僕たちもそうした会社のお手伝いを

昔、していたことがあるからです。

 

 

「リフォーム済み」は「クリーニング済み」と変わらない

「リフォーム済み」は「クリーニング済み」と変わらない

 

つまり、「リフォーム済み」と言っているのは

表の見える部分だけであり、

 

お風呂やトイレ、キッチンなども

新品がついていたりしますが

見えない部分はそのままであるケースもあり

購入には十分に注意が必要です。

 

また、間取りについても十分検討されたものではなく

なんとなく、このタイプが売れる

というだけで、繰り返し量産されている間取りです。

 

どうせ購入するなら

ご家族の夢をたっぷり注いだ間取りにできる

「リフォーム済み」ではない物件がおすすめです。

 

リフォーム済みでなければ

再販業者がリフォームに費やした

余計な費用まで上乗せして購入しなくても済みます。

 

物件の立地や広さなどが気に入って

やむを得ずリフォーム済み物件を購入して

すべて壊して作り直したことがありますが

 

産業廃棄物を余分に出すことと

解体費用が増えること

そもそもリフォーム済み物件の

リフォームに費やした費用が上乗せされていること

もろもろ考えても、とてももったいないですよね。

 

「リフォーム済み」でない物件を見つける

「リフォーム済み」でない物件を見つける

 

「リフォーム済み」物件が沢山ありすぎて

リフォームをしていない物件を探すのは

なかなか大変ではありますが

不動産会社さんに

「リフォームしていない物件でないと買わない」

とハッキリと伝えていれば

いずれ見つかることもあります。

 

コツとしては、

「リフォーム済み物件は買わない」

ということを、複数の不動産会社さんに伝え

定期的に連絡をとることをオススメします。

 

現在の不動産事情は

ネット情報が溢れすぎていて

不動産会社さんに問い合わせしても

こちらの本気度が伝わらないと

数物件紹介されただけで終わってしまいます。

 

なので、こちらの本気度を

複数の不動産会社さんへ

どういった物件なら購入を検討するのか

こちらのスタンスをしっかりと伝えることが

良い物件を見つけるコツです。

 

リフォーム済み物件の「買ってはいけない」

リフォーム済み物件の「買ってはいけない」

 

ではなぜ「リフォーム済み」物件を

購入することはお勧めしないのか

いくつかの要因をお話しします。

 

配管更新していない

マンションや戸建て住宅も

配管はかならず劣化してきます。

 

P1090167

 

配管を更新(交換)する適切な時期は

おおよそ20年~30年くらいですが

場合によってはそれより早くても

住まい手のことを考えたら

一緒にやってしまったほうが良い事もあります。

 

「リフォーム済み」物件の場合には

築年数によって、配管更新の必要性と

更新済みかそうでないかは

確認をされたほうが良いと思います。

 

昔の換気扇の能力では不足

マンションなどに多いのですが

昔の換気扇は、一台でトイレ、洗面、浴室までも

カバーしているような換気扇がありました。

 

換気扇の交換はしてあっても

このシステムでは明らかに換気不足です。

出来れば独立させたいものですし

古い物件は24時間換気がついていません。

 

現代の建築基準法は

ホルムアルデヒドなどのVOCが揮発し

人体に悪影響が出る前提で

24時間換気装置を義務づけている法律です。

 

つまり、人体に有害な物質が建築資材から出るから

24時間換気扇をまわしましょう

という事です。

 

しかも、リフォームでは24時間換気は

義務づけられていません。

なので、合板フローリングやビニールクロスなどの

新建材でリフォームした部屋の

換気性能が悪いというのは

好ましい住環境とは言えないのです。

 

断熱工事をしていない

昔の住宅は、戸建てでもマンションでも

断熱が圧倒的に不足しているものがあります。

 

そうした物件だと

結露などの問題があります。

再販業者の販売する物件は

いかに綺麗に見せるかが一番なので

断熱までは気を配りません。

 

なので、過去に結露がひどく

カビだらけの物件であったとしても

断熱工事をせずに、綺麗に仕上げています。

 

特にコンクリートに直接クロスが貼ってあるような

物件でしたら要注意です。

 

合板フローリングやビニルクロスなどの新建材仕様

化学物質過敏症になりやすい人について

以前ブログを書きました。

 

シックハウス症候群・化学物質過敏症はどのような人がなりやすいか

 

ここでも触れましたが

「引っ越しを繰り返している人」が多いです。

 

なぜかというと、先ほどの換気の問題なのですが

リフォーム済みということは

合板フローリングやビニールクロスなどから揮発する

ホルムアルデヒドなどの化学物質であるVOCが

室内に飛散している量が多いため

 

そうした部屋にばかり移り住んでいると

症状が出てしまう体質になるということです。

 

見た目は綺麗かもしれませんが

そうしたリスクがとても高い住まいだということを

よく認識し、換気を頻繁にするなどの

対処をすることが重要です。

 

まとめ

まとめ

 

20130906_004

 

不動産購入は様々な理由で

購入に踏み切るケースがあると思います。

つまり物件の善し悪しだけでなく

立地条件や環境などなど。

 

僕は常々、どういった物件でも

立地が気に入ったのであれば

購入することもありではないか。

 

というお話しをしています。

立地も資産そのものだからです。

 

そうした前提の中で

「リフォーム済み」物件も時と場合によっては

購入してもよいと思います。

 

しかし、今日お話ししたリスクについては

十分納得したうえで決断をすることです。

 

そもそも

リフォーム済み物件のコンセプトは

 

「売れればいい」

 

だということを忘れてはいけません。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

楽しみにしていた富士山は天候不良の為、

中止となってしまいました。

 

その代替え案として、山岳会の仲間3人で

近郊の山に一泊二日で入っています。

金曜の採れたて白菜とネギをもってキムチ鍋です。

 

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。