ブログBLOG

釣りキチ少年だった僕がダイビングにハマったワケ

UPDATE:2015.09.15
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日は、ずっとずっと憧れの海へ行ってきました。

憧れの海というと、海外のリゾート島のようですが

全くそうではありません・・・。

 

それはどこかと言いますと

黒潮がガンガンに流れている

神子元(みこもと)という島です。

どんな所にあるかというと、

 

WS000000

 

南伊豆の白浜からボートで30分くらいのところです。

ここに、夏に黒潮に乗って来ると言われる

ハンマーヘッドシャークの群れを見つけに行きました。

 

11 (1)

画像は神子元ハンマーズさん

 

ライセンスのランクアップや色々困難はあったのですが

念願かなって、やっと!という感じ。

山好きじゃないの!?と聞かれることもありますが
海も大好きだし、生きてる魚が好きなんです。

 

山は岩魚(イワナ)の釣れる
源流を登る沢登りが好きですし、

そもそも僕は釣りキチなんですね。

 

02

 

今日は、先日のダイビングの話しは次にして

僕が釣り好き、魚好き少年だった話しをします。

 

僕はもともと釣りキチ少年だった

僕はもともと釣りキチ少年だった

 

僕はもともと釣り少年でした。

小学校の時は、学校が終わるとすぐに

近くの隅田公園にある「ひょうたん池」で

一人で釣りをしているような子供でした。

 

93a52d85465e8b514020fa3dc23d2034_s

 

たしか小学3年生の頃だと思います。

当時、僕は柔道を始めたばかり。

ブログ:僕は柔道少年だった(息子を育てるということ)

道場には隣の小学校に通う、ガキ大将がいました。

 

僕が釣りが好きで上手いのを知ってガキ大将が、

「教えろ!」と言って付いてきたことがありました。

嫌なヤツだったので、行きたくなかったけれど
当然、断れるわけもなく

学校が終わった後に待ち合わせをして

ひょうたん池に行きました。

 

しかけの作り方、エサの付け方
ポイントの探し方などを教えながら
釣りを始めるのですが

僕にはピチピチと「クチボソ」や「タナゴ」がかかるのに
彼の針にはまったくかかりません。

「あー たぶん、タナが合ってないんだな」

※タナ:魚のいる深さ

 

と思いましたが、面倒なのでほっときました。

 

すると、僕が釣り針を入れている所に
自分の針を落としてくるのです。

僕が逃げると、また同じところへ(笑)

 

結局、そのガキ大将は釣れないことに腹を立てて

帰ってしまいました。

 

その、「ひょうたん池」で鯉や鮒を釣って

家の防火用水の中で飼っていた事もありました。

 

釣りエサを独自に開発し、喰いを見るためです。

マッシュポテトや芋羊羹など

色々配合を試してみました。

 

練りエサの硬さは「耳たぶの硬さ」という知識から

エサづくりの時は、いつも耳たぶを触るので

僕の耳にはいつも、乾燥した芋がついて

カピカピになっていたのを思い出しました

 

鯉や鮒は時折はねるので
油断すると防火用水から飛び出して

 

びた~ん びた~ん

 

と泥だらけで跳ねている

もしくは動きが停止しつつある状況もありました。

 

そんな時は慌てて防火用水に入れるのですが

学校に行っても気になってしかたありません。

 

今、飛び出してしまったのではないかっ!?

 

そう思うと授業なんて全く耳に入りません。

学校は猛ダッシュで帰ることも。

 

そんな子供でした。

 

「釣りキチ三平」ファンの僕

「釣りキチ三平」ファンの僕

 

10b5dc84b64fc67d277b0e6ccaf3a906_cover

「釣りキチ三平」も当時の全巻を揃えていて

穴が空くほど繰り返し読みました。

 

今でも僕の書斎には唯一あるマンガ本です。

この「釣りキチ三平」を読みながら

 

おお!滝の淵には1mの大イワナがいるのか~!

 

とか

 

すごい!雷魚は雷雨の中、生きたカエルで釣るのか~!

 

など、妄想はふくらむばかり。

どれだけ田舎に住みたかったことか。

 

小学生の僕は釣りが好きすぎた為に

水元公園の近くの水産試験場に忍び込んで

釣りをしようとしたこともあります・・・。(ナイショ)

 

釣りキチ三平君は美しい渓流のある

田舎に住んでいるので

毎日、イワナやヤマメを釣っていて

本当に羨ましかったのですが、

 

その願望を実現できたのが

大人になってからでした。

 

以前ブログで書いたのですが

沢登りをやるようになって

イワナ釣りがやっと出来るようになったんですね。

 

ブログ:沢登りの魅力と危険・始めるためのいくつかの方法

 

小学校からの夢が叶ったんです。

 

「クストーの海底探検」と「マチャアキ海を行く」

「クストーの海底探検」と「マチャアキ海を行く」

 

この番組、リアルタイムで見ていた方いませんか。

スキューバーダイビングのテレビ番組で

「クストーの海底探検」は

ジャック・イブ・クストーというフランス人の

海底世界のドキュメンタリー番組です。

 

041815_1035_Ja1

ダイビングファン

 

この方は

「世界でもっとも有名にして愛されたフランス人」

とも言われ、フランス国内の人気投票では

いつも1位だったそうです。

 

「マチャアキ海を行く」は

ダイバーであり、芸能人の堺正章が

海の世界をナレーションしながら

案内するという番組でした。

 

sim

 

この2つの番組を小学生の僕は

毎週欠かさず観ていて

未知の海洋生物や、潜水艦からの映像などに

ハラハラ、ドキドキしながら

 

「将来は絶対にスキューバーダイビングをやるんだ!」

 

なんて拳を握って鼻息荒く決意していると母親に

 

「テレビはもっと離れて観なさい!」

 

なんて叱られてました。

 

実は将来の進路を決めるときは

建築学科と海洋生物とを

本気で迷ったほどでした。

 

お小遣いを貯めて買ったモノ

お小遣いを貯めて買ったモノ

 

小学校低学年の時でした。

僕は姉が通っていた公文式学習塾へ

通っていました。

 

学習塾へはバスで行くのですが

降りる停留所の前はなんと釣具店

おかげでバスを待つ時間は退屈しなかったのですが

 

そこのショーウィンドゥに初夏のある日

突然現れ心を奪われたものがありました。

 

それは水中メガネとシュノーケルでした。

黒い水中メガネと筒が赤いシュノーケル

 

slide_lds_1

 

コレさえあれば、ダイビングっぽいことが出来る!

クストーの海底探検が出来る!

そう思うと欲しくて欲しくて欲しくて

しかたなくなりました。

 

お小遣いを貯めてもなかなか買えないと思った僕は

学習塾までコッソリ、徒歩で行くことにしたんです。

 

バスで10分の距離ですが

歩くと子供の足で1時間くらい

かかっていたように思います。

 

毎回、毎回、バス代(たしか大人70円くらいの時代)

をためて、小遣いも貯めて

おじいちゃんのお使いの駄賃も貯めて

ひたすら貯金してました。

 

その間ずっと

「売れませんように!売れませんように!」と

念じていて、

その釣具店の前を通り、売れていないのを確認すると

とてもホッとしたのを覚えています。

 

世の中に商品は1つだけのハズはないのですが

当時は、それが唯一の商品のように思えました。

 

そしてやっと買えた時は

すでに寒い冬になってました。

 

夏の間中、強い日差しと僕の熱い視線に照らされて

真っ赤なシュノーケルは退色してしまい

「朱色」のシュノーケルになってましたが

 

毎日毎日、シュノーケルと水中メガネを付けて

風呂に入っていました。

 

小さいボロボロのヒノキの浴槽で

水中で見えるのは自分の股間しかないのですが

それでも楽しかったのを覚えています。

 

あまりに長く入りすぎて、お湯がぬるくなり
裸で四つん這いになり、
薪を追加したりして
なんだか懐かしいです。

 

神子元への憧れ

神子元への憧れ

 

ダイビングライセンスは大学時代に

オーストラリアで取得しました。

 

社会人になってからも

山に出掛けながらダイビングも続けました。

 

新婚旅行もモルジブでダイビングをして

カミサンにライセンスを取らせちゃいました。

 

神子元は危険な海として

当時から知ってました。

 

流れが速く、事故も多い

ダウンカレントという、

海底に引き込まれる流れもあり

初心者では絶対に無理。

 

でも、ハンマーヘッドシャークが

群れを成して現れるらしい!

 

いつかは絶対に行ってみたい!

 

そんな海でした。

 

でも、結婚、出産を境に

子育てで妻と海に行かなくなり

ダイビングもお休み期間に入ってしまいました。

 

そして

そして

 

いつのまにか、こんなオジサンになってしまいましたが

海というと神子元の事がずっと

頭の片隅にひっかかってました。

 

子供も来年大学と高校になり

そろそろダイビング復活したいね~

などと妻と話しているうちに

僕のダイビング熱が復活して来ました。

 

「ちょっとさー 偵察してくるよー♪」

なんてカミサンに調子良いことを言って

入った地元ダイビングショップ

 

「あのー 神子元でハンマー観たいんですケド」

 

と相談したら

今のライセンスではなく、上級ライセンスじゃないと

現在はポイントに入れないとのこと。

 

やはり潮の流れが速く、事故も多いので

規制が厳しくなったようです。

 

なので今年、

「オープンウォーター」という

ダイビングの入口的なライセンスではなく

 

「アドバンスドオープンウォーター」という

ライセンスを合間をぬって取得し

はれて、神子元へ行けるようになったんです!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっと夢が叶った神子元でのダイビング。

その報告はまた後日ブログでさせて頂きます。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 いよいよ村上トライアスロンが迫った来ました。

当初はスイムの練習を怠けていたので

スイムが心配で、最近はみっちり練習を積んでいました。

 

昨日も東京体育館で大貫コーチの指導を受けたのですが

「いいカンジです!力が抜けてきました!」

と褒めてもらいました。

 

IMG_5897

 

 色々な趣味を通じて、

様々な人から指導を頂くことがあります。

 

そうすると

「褒めるのが上手い人」と「褒めることが出来ない人」

がいることに気付きました。

 

大人になると、僕を含めて

なんだか人を褒めるのが下手くそになる気がします。

 

いくつになっても褒められるのは、とても嬉しいです。

人を褒めるということは、

相手を幸せにすることだなって感じます。

 

なので、いつまでも

「人を褒められる」人でありたいと思います。

 

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2015.09.15
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。