ブログBLOG

「絶対に登らない!」と決めている富士山に今年で4年連続登ってきましたというハナシ①

UPDATE:2017.07.11
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

360周年の記念企画として、クローバーのフォトコンテストを開催中ですが、なんと四つ葉が開いたら、当社が推奨している「新月伐採・葉がらし・天然乾燥」の木を、富士山頂上の浅間大社奥宮でお清めをし、プレゼントするという企画。

 

「新月伐採・葉がらし・天然乾燥」の香りと艶の素晴らしい杉の木を、パワースポットである富士山の頂上で、お清めしちゃって、自然のパワーてんこ盛りプレゼント。

 

 

駿河屋360周年記念 夏まつり連動イベント『クローバーを育てて撮って参加しよう!』

 

 

スタッフの雪村からの指令で、僕が富士山頂上まで担ぎ上げてお清めして参りました。

 

今日はその報告をします!

 

 

今年で4年連続登頂

 

P7051169

 

登山が好きで、山岳会にも所属している僕ですが、もともと富士山は「登る山ではない」と考えていました。

理由は観光地化が進みすぎていて、人が多い山だということ。

そして、なにより標高が高すぎて緑もなく、独立峰なので稜線を楽しむことも出来ず、とにかく登るだけ。

そんな山だからです。

 

なので、「一生富士山には登らない」と決めていたのですが、なんと今年で4回目の登頂となりました。

 

1回目はある大先輩の皆様に「ブラジルからの奨学生を連れて行きなさい」と言われたこと。

 

 

2回目は1回目をSNSでUPしたら、友人に「連れて行きなさい」と言われたこと。

 

 

3回目は去年ですが、七夕の夜に「古米のオムスビを浅間大社奥宮へ奉納することを依頼された」という友人との会話からでした。

 

 

 

頂上へオムスビを奉納する為には、頂上付近でお米を炊かなければならず、気圧の低い高地では圧力釜でないとお米が炊けません。

その為、圧力釜、ガスバーナー、ガス、お米を上まで担ぎ上げる必要がありますが、友人いわく「そんなことは出来ない」ということでした。

 

夏の間だけ参拝できる富士山の頂上にある奥宮

 

なので僕が

 

 

「しゃーない!駿河の国の神様の為にひと肌脱ぎましょう!」

 

 

 

と言ってしまった為に、去年登頂しました。

 

浅間大社の奥宮

 

オムスビ重かったよ

 

毎回毎回

 

 

「もー!絶対登らないかんね!」

 

 

と言っているにも関わらず、今回も登ってきてしまいました。

 

そしてなんと今回は、自らの会社のスタッフからの発案。

 

「四つ葉のクローバーが開いちゃったら、なにプレゼントしようか」会議にて

 

 

「新月の木を富士山の頂上でお清めしたら、運気アップするプレゼントになりませんか!?」

 

 

という一言・・・。

 

いやーな予感を抱きながら

 

 

「うーん いいけど、それ誰がやんの???」

 

 

と聞くと

 

 

「イチマスさんでしょ~!」

 

 

もう、駿河の国の守り神である富士山浅間大社の神様に呼ばれているとしか思えません!

 

ってことで、四つ葉の開いた方の為に!頑張って登ってきました!

 

 

つづく・・・。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

 

 

実は歯列矯正をこの歳ではじめました・・・。

 

きっかけは、歯医者の先生に「舌癌になる可能性が高い」と言われたこと・・・。

 

がーん!僕が舌癌!!

 

会社のカンバン親父の僕が喋れなくなったらそれこそ会社の存続も危うくなります。

 

先生いわく、ストレスで睡眠中に舌を歯に押しつけているらしく、舌の先がつねに炎症を起こしている状態だということです。

 

「ストレス?はて?ストレス感じないんですけど」

 

「体と心は別です!」

 

と言われてしまいました。

 

たしかに、去年の大晦日は標高3000mのテントの中で、ずっと胃痛だと思ってたら、帯状疱疹が発覚したこともありました・・・。

 

 

過去にそうした患者さんを見てきたようですが、舌癌になった方もおられるらしく、「早めにやったほうが良い」というアドバイスを頂きました。

 

歯列矯正は、抜歯して治療する方法もありますが、絶対に抜歯はしたくなかったので、先生捜しが大変でした。

 

ところが!なんと偶然、歯列矯正の大先生ご夫妻と知り合うことが出来、無理にお願いして半年前から治療を続けています。

 

この半年間は歯の裏側に設置する器具で、少しずつ歯を広げることを行ってきて、先日ついに第二ステージとなり、昨日は奥歯を奥に移動させる器具を装着してきました・・・。

 

この器具が大変なんですよ~・・・。

 

昨日、器具を付けた帰りに冷やし中華を食べたのですが、すべてがひっかかってタイヘンでした!

 

食事もままならないし、食事後も掃除が大変です。

外食なんて気軽に出来ない感じです・・・。

 

歯を広げて口腔内を広くし、今度は奥歯を親知らずの位置まで移動している状況。

さらに次のステージは、いよいよ歯にワイヤーを付けることになります。

抜歯をしないかわりに、歯の移動にじっくり時間をかけて丁寧にやってくれる先生なので、安心して任せていますが、やはりタイヘンですね~・・・。

 

もともと歯並びの悪い僕は、綺麗な歯並びは憧れだったので、頑張りま~す!

 

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.07.11
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029