ブログBLOG

日本人が木を好む理由は光の反射率と肌触り

UPDATE:2018.04.29
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お部屋に使う内装材はデザインによって様々です。

白いビニールクロスやビビットなペンキを塗った壁、

コンクリート剥き出しの壁なんかもありますよね。

 

でもそれぞれに、人に与える影響が違います。

できれば自宅は心安らぐ空間にしたいですよね。

 

今日はそんなお話しです。

 

 

日本人が木を好む理由

 

140125_129

 

日本人は昔から木が大好きです。

森林が国土の7割を占める日本としては

あたりまえの感覚かもしれません。

 

また、湿度の高い気候なので

夏の多湿や冬の乾燥に最もふさわしい

材料と考えられています。

 

でもそれだけではないように思います。

それは人間も木も有機質だということです。

 

衣類でも綿やシルクやウールなどは

化学繊維よりも心が安らぎますよね。

 

なので木造建築が好まれるのだと思います。

 

 

無機質で人工的な建材

 

1 (147)

 

鉄筋コンクリートや鉄骨などの建物も

建築物の規模によってはとても優れています。

しかしそれは構造体であるからであって

自宅の床が鉄だったら、冷たくて仕方なく

くつろげる家とは言えません。

 

無機質で人工的な建材は

掃除が楽だったり、工場で大量生産できたり

経済を主体として考えるととても便利です。

 

でも、心の安らぎとして考えると

有機質にはとうてい及びません。

 

 

光の反射率と精神状態

 

IMG_1038

 

物体に光りを当てたときに、その光は

物体の表面に吸収されるものと

反射されるものに分かれます。

 

この反射する割合を「反射率」と言います。

反射率の高い物体はより白く見えます。

逆に反射率が低い物体は黒っぽくなります。

 

 

日本人の肌の色

 

IMG_0684

 

日本人の肌の光反射率は50%前後

だと言われています。

 

木材のヒノキや松や杉、

さらには畳、木綿、麻なども同様です。

 

日本人は自分の肌の反射率と同じような

素材を自然界から集めることで

安らぎや落ち着きを長い歴史の中で

DNAにしみこませてきたのだと思います。

 

 

金属の反射率

 

ステンレスやアルミなどの反射率は

70%から80%と言われていて

木材に比べるととても高い値です。

 

キッチンにしても、ギラギラとしたものは

落ち着きがありません。

なので少しマットなツヤにあえてしています。

 

 

素材選びで大事な肌触り

 

IMG_0994

 

光の見え方だけではなく

手触り、足触りもとても重要なのは言うまでもありません。

 

日本人は家で靴を履きません。

床に直に座ったりします。

 

今まで地べたに座っていた民族が

欧米化でテーブルと椅子の生活になりましたが

それによって、肌に触れる部分へ無頓着に

なってしまったのかもしれません。

 

直接触れる部分が住まいの居心地を

決めるといってもいいと思いますが

スリッパ、椅子、テーブルでは

直接触れる部分は一体どれだけあるのでしょうか。

 

やはり肌に触れる部分は有機質なもののほうが

圧倒的に心地よく、すなわり居心地

住まい心地の良い家だと言えます。

 

こうしたことをなんとなく考えて選択するのではなく

よく考えてから主体的に選ぶということが

家づくりではとても大切です。

 

 

今日の「わかった!」

 

現代住宅の内装に使われる建材は

多種多様なものがあります。

 

でも居心地を良くするのは

素材の反射率が大きく関わっています。

 

金属系は反射率も高いので

アクセントで入れる程度にし

メインは反射率50%程度のものにしましょう。

 

特に座る文化のある日本は

手足に触れる部分の素材選びも

とても重要なので、なるべく有機質な建材、

たとえば木材や珪藻土、漆喰などを選ぶことが

居心地の良い、心の安らぐ家づくりにつながります。

 

人間も有機です。

服も綿やシルクが心地よいように

住宅建材も自然界にあるものに多く囲まれたほうが

居心地が良いのは当然だと思います。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2018.04.29
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。