ブログBLOG

住宅ローン返済で「ボーナス返済」に向いている人とそうでない人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンを組むうえで、ボーナス返済を入れるか入れないか悩む人も多いかもしれません。

ボーナス返済を住宅ローンに組み込む場合に何を基準に考えればよいのでしょうか。

 

今日は住宅ローン編纂で「ボーナス返済」に向いている人とそうでない人が分かるようなお話しをします。

 

カギはボーナスの安定性

 

ボーナスでの返済が向いている人は、住宅ローン返済に余裕があって、尚且つ年収にしめるボーナスの割合が大きい人です。

そして、公務員や年俸制の会社でボーナスの支給額が安定している人です。

 

ボーナス返済を利用するのに向いていない人は、そもそもボーナスのない人。

自営業の人や契約社員、会社の業績によってボーナスの支給額が変動しやすい人です。

将来において転職したいと考えている人も、ボーナスの支給額が不安定な人となるので、住宅ローンに組み込むことは避けたほうが良いでしょう。

 

ボーナスに異存すると危険

 

民間の企業に勤めている場合には、業績によって左右されるのが一般的です。

社会情勢の変化によって、転勤やリストラなども考えられます。

なので、ボーナス返済をあてにして、借入額ギリギリまでローンを増やすのは避けたほうが良いでしょう。

 

万が一ボーナスの額が大きく下がっても、無理なく毎月返済できるようなローンの範囲で借り入れすることが良いです。

 

ボーナス返済に向いている人

 

・将来にわたってボーナスが必ずもらえる人

・年収におけるボーナスの比率が大きい人

・クレジットカードのボーナス払いを利用しない人

・給与支給額が安定している人

 

ボーナス返済に向いていない人

 

・そもそもボーナスのない人

・ボーナスの使い道が決まっている人

  教育費や他のローン返済など

・将来独立や転職を考えている人

・ボーナスの支給額が変動する人

 

 

今日の「わかった!」

 

住宅ローンのシュミレーションをする際にも、月々の負担を減らしたり、返済期限を短くするために、ボーナスをアテにする方も多いと思います。

しかしここはひとつ冷静になって、ご自身の状況を客観視してください。

 

ボーナス返済を組み込んでも、途中でボーナス返済を無くすことが出来る金融機関もありますが、念のために契約をするまえに必ず確認をすることをおすすめします。

 

住宅ローンで破綻した人は、実はボーナス返済の月に延滞したことがきっかけの人も多いのです。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

今日は新人を連れて、中小企業家同友会の合同入社式へ出席してきました。

学生気分が抜けきれない新人たちは、難しい話しや、パワポをつかった薄暗い会場で船をこぐ人もいました。

 

以前の僕は

 

「こらーー!!!!!」

 

的でしたが、最近の僕は

 

「まぁ そうだよね」

 

という気持ちで眺めていました。

僕が新人時代はもっとダメダメだったと思います。

 

何年かして、今年の新人が「駿河屋に入社できてラッキーだった!」と心底思ってもらえるよう、私たちも育成に頑張ります!

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029