ブログBLOG

日本の森の良い状態と悪い状態を比較して見ると

UPDATE:2017.02.21
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は全国の良質な自然素材、つまり木材や漆喰や珪藻土、油などを求めて、日々とびまわっています。

また、プライベートで海や山に行くことも多く、特に登山は山岳会に所属するほど本格的に取り組んでいる趣味の1つです。

 

今日は、そうした公私ともの活動の中で見てきた山の現状などについてお話ししたいと思います。

 

日本の森の現状

 

登山をしていると、杉や桧の森が多いことを改めて実感します。

都会の人たちが杉花粉や桧花粉でアレルギーを起こすのも仕方ないと思えるほど多いものです。

しかし、そのほとんどは良い状態とは言えず、「放置」されているか「やむなく伐採」してあるような状態です。

その為、杉や桧の森はうっそうとして荒れ果てており、どこかもの悲しさがあります。

 

ほとんどの皆さんは、ちゃんと管理されている植林された杉や桧の森を見たことがないと思います。

なので

「杉や桧の森はこんなものだ」

と思い、とくに感心もないのではないでしょうか。

 

しっかりと管理されている森

 

しっかりと人の手をいれて、管理されている杉や桧の森を見ると驚くのではないでしょうか。

まるで神社の境内のような神々しさを感じます。

日光の東照宮のような「気」を感じるような場所さえあります。

 

こうした森はかつては日本にもたくさんあったのですが、様々な要因によって輸入木材が安くなり、国産の木材は使われなくなってしまいました。

 

危機的状況にある日本の森の写真をみてみよう。

 

写真を見ると一目瞭然ですので、僕が各地で撮影してきた写真をお見せします。

 

PB070012

 

植林したままで放置していると、密度が濃すぎて日差しが根や土にまで降り注ぎません。

そうなると、根が痩せたり、木が育たなくなったりするので、森林組合などの入札で、伐採者を決定し、必要数の木の伐採をしますが、コストがかかるので、伐られた木は放置されてしまいます。

 

PB070026

 

伐採されても放置されている森が大多数です。

まだ間伐されているだけ良いです。

 

 

PB070052

 

伐採もしないと、根が痩せて育たず、みずからの身体を支えられずに倒れてしまいます。

こうした土壌はとても弱く、土砂災害に繋がったりします。

 

では、しっかりと管理されている森はどのようになっているでしょうか。

 

管理されている森はどんな状態なのか見てみましょう。

 

反対に管理されている森の状態はどんな風なのか写真をお見せします。

 

 

PA150282

 

間伐を済まし、地面に日差しがしっかり届くので、下草も生い茂っています。

 

 

PA150283

 

右手奥のやせ細った森と、手前の管理された森では、山主が違うためこれほど違っています。

木を人の力でしっかりと管理して育てる。

それも何世代にもわたってしっかりと行われてきたために、こうした立派な森が今に残ります。

これだけの森を維持管理していくのはとても大変ですし、貴重な資源、日本の宝といっても良いと思います。

 

 

こうして見比べてみると全く違うということに改めて気づくのではないでしょうか。

皆さんも田舎などにいかれた時は、その山の状態が、どんな状態か注意深くみてみてください。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

今日から旭川へ北海道の広葉樹の丸太の買い付けの旅です。

うっかり極地用ダウンとシューズをホテルへ送らなかったので、それだけで大荷物になってしまいました。

二日間、土場をまわって選定して、最終日に入札です。

 

そういえば、英語の勉強が三日坊主にならず頑張ってます。

仕事以外の時間はずっとイヤホンをつけて、ぶつぶつ聞きながら答えています。

まだ簡単な英語ばかりですが、自分でも進歩してきたのがわかります。

 

先日、カフェで会ったフィリピンの方と、二言くらい話しが出来ましたが、その後会話が出来ませんでした。

エアロバイクをこいでいる時は、映画を見ていたりするのですが、映画の会話もすこーし聞き取れるようになってきました!

 

毎日の小さな努力は目に見えませんが、一定量の時間が過ぎたとき、その積み重ねの大きさに喜びを感じます。

頑張ります!

 

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.02.21
CATEGORY:ブログ, 社長ブログ, 自然素材
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029