ブログBLOG

谷川岳マチガ沢をスキーで滑るエクストリームスキー

UPDATE:2017.03.21
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日はバックカントリースキーで谷川岳のマチガ沢を滑ってきました。

今日は山岳会の先輩のMさんと一緒。

谷川岳のマチガ沢というと、バックカントリースキーというより、エクストリームな感じがしますが、ともあれ生きて帰ってきました。

 

 

谷川岳とは

 

谷川岳とは群馬、新潟の県境にある三国山脈の山です。

温泉地でいうと水上温泉が麓にあります。

 

標高は2000mにも満たない山ですが、急峻な岩壁や複雑な地形となっていて、さらに天候の変化も激しく、豪雪地帯です。

 

記録によると平成24年(2012年)までに805名の方が山で亡くなっていますが、世界の8000m峰の死者の合計が637名ということをふまえると、日本だけでなく世界的に死亡者の多い山だということがわかります。

世界の山ワースト記録としてもギネス認定されている山です。

 

でも付近の山域は美しく、誰もが魅了される場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の赤谷川遡行あと原頭部から撮影

 

 

マチガ沢とは

 

谷川岳の東面にある沢です。

谷川岳というと天神平スキー場があることで知られますが、谷川岳とマチガ沢と天神平スキー場の位置関係はこんな感じです。

 

WS000001

 

雪のシーズンの沢スジは雪崩れの危険もあり、一般的には入山しないエリアです。

 

ちなみに以前行った「赤谷川」遡行の帰りルートで谷川岳を通過して、東尾根を撮影した写真が丁度ドロップポイントっぽいです。

 

この写真 たぶんここらへんだと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

4月末になると、雪崩れが頻繁に起きるので、天候と積雪状況でタイミングを判断しなければなりません。

今回は3月初旬であり、雪の状態も非常に安定しているタイミングでした。

 

 

今回のルート

 

今回はロープウェイとリフトを使って、なるべく楽して登ってシマイマシタ。

実はこのロープウェイですが、僕ははじめて。

いつも下から頑張って登っていました・・・。

うーん なんて楽ちんなんだろうか・・・。

 

WS000002

 

こんなに楽していいんだろうか?というルート

ロープウェーよりもさらに350円払ってリフトまで乗ってしまいました・・・。

通常の登山では下から西黒尾根をつかってせっせと登ってきます。

 

当日の朝

 

 

P3120978

 

久しぶりにこのエリアは好天に恵まれたせいか、谷川岳ロープウェーの駐車場の1Fは珍しく満車。

 

ロープウェーに乗ろうとしても、チケット待ちに長蛇の列でした。

天神平スキー場で滑るスキーヤーやスノーボーダーというよりも、登山者の数がめちゃめちゃ多い!

 

やっとロープウェーに乗ることが出来ました。

 

P3120979

 

 

天気はサイコー

 

P3120981 - コピー

 

予報通り、好天に恵まれました。

今回はパウダースノー狙いなので、幅の広いスキーの板を持参。

 

あれー?なんかテントみたいなのが見えます。

 

P3120981

 

なんであんな斜面にテント張ってるのか?と思いますが

これは雪洞にツエルトを張っているようです。

 

setudou

 

登山者はめちゃめちゃ沢山いました。

 

P3120982

 

今までの天候不良による欲求不満を爆発させるように長蛇の列になっているところもあります。

 

 

P3120986

 

西の方角には俎嵒(まないたぐら)が見えます。

うーん、あっちにも歩いて行きたい衝動にかられます・・・。

 

 

小屋に到着

 

谷川岳頂上直下の肩の小屋に到着しました。

さっそく、スキーのシールを剥がして、ヘルメットを装着したり、ゴープロを装着したりして、準備をします。

 

P3120993

 

小屋の状態はこんな感じ。

 

P3120992

 

屋根が風雪でエビのしっぽがかなり成長しています。

 

 

ドロップポイント

 

マチガ沢へ落下するポイントに到着すると、スノーボーダー4名が準備をしていました。

 

P3120996

 

この女性1名を含む4名、若かったですが、あっという間に消えていきました。

上からでは下の状態が全く見えないので、無線で連絡をとりあっていました。

 

どれくらい見えないのかというと・・・・

 

P3120998

 

こんなカンジ・・・。

 

ちょっと気持ち悪いです。

最大斜度45度くらいです。

 

Mさんは先に落ちていきました・・・。

2分後に僕も落ちると約束して、二番手で待ちますが、心拍計を見ると120越えてる!

緊張でドキドキです・・・。

 

 

いよいよ落ちます。

 

 

P3120999

 

 

P3121000

滑り降りて見上げた斜面

 

 

P3121001

先行のMセンパイ

 

 

P3121008

滑った斜面を振り返る

 

 

P3121011

 

支沢からは雪崩れの形跡が沢山ありました。

 

P3121013

 

ふー

ここまでくれば一安心です。

 

滑ったルートはこんなカンジ。

 

P3121014 - コピー

 

本谷をピークから下りるのは自殺行為なので、四ノ沢あたりから落ちました。

 

 

P3121016

 

雪の状態がこれだけ安定した状態で、天候にも恵まれるのは珍しいです。

とても気持ちよく滑ることができました!

 

ユーチューブの動画はコチラです。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

バックカントリースキーシーズンはまだまだ続きます!

 

次回は閉鎖された林道をマウンテンバイクでスキーを担いでアプローチ。

それからスキーで登り滑ってきます。

場所は至仏山です。

 

一年まえから計画していただけに、成功させたいです。

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.03.21
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029

< 事業エリア >
東京  :23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・
     文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  :習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  :三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川: 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。
< 事業エリア >
東京  : 23区(墨田区・台東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・世田谷区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区)、三鷹市、調布市
千葉  : 習志野市、鎌ヶ谷市、柏市、松戸市、市川市、浦安市、船橋市
埼玉  : 三郷市、八潮市、草加市、越谷市、鳩ヶ谷市、川口市、蕨市、戸田市、朝霞市、和光市
神奈川 : 川崎市
※ 上記エリア外の方は、個別にご相談ください。