ブログBLOG

年末年始は山岳会で甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根へ行ってきました(その1)

UPDATE:2017.01.20
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始は毎年、大晦日に一年の御礼と報告でお墓参り。

そして元旦は一年の決意を伝えに、お雑煮を持ってお墓参り。

そんな年が続いておりましたが、ついに!カミサンからの許可で、年末年始に山に入ることが許可されたのでした!

 

今日は、人生初の年越し登山の様子をお話しします。

 

クリボッチ登山から帰ってきたばかりなのに

 

先日のブログでも報告した「クリボッチ登山」から、下山したばかりでしたが、またしても山に向かいました。

今回は1人ではなく、山岳会の仲間とともにです。

 

イブにクリボッチ登山(その1)

イブにクリボッチ登山(その2)

 

山岳会のみんなは、それぞれの想いと都合により、ルートと日程はそれぞれに、同じ山域をうろうろすることになりました。

今回の山は、一昨年も厳冬期に登った甲斐駒ヶ岳です。

 

クリボッチ登山から戻り、大量の洗濯物をカミサンの視線をきにしつつ洗い場にまとめ、3日後に再度着用する旨を恐る恐る伝えると、「ふん!」と鼻息で吹き飛ばされそうになりましたが、3日後には綺麗に洗濯されてたたまれていました。

ふー・・・。

 

今回のルート

 

今回僕らのパーティーは3名です。

欣さんと、吉田さんと僕。

バリバリのクライマー出身がいないので安心です。

ほどよく山を楽しみ、綺麗な景色をみて酒を呑むのが楽しみです。

 

WS000000

 

計画では、1日目に七丈第一小屋までいってテントを張って、2日目に甲斐駒ヶ岳に登頂し、テント泊。3日目(元旦)に下山するというスケジュールです。

初日から甲斐駒ヶ岳までは、別パーティーの仲間と一緒ですが、彼らは6日間かけて仙丈も登り、鳳凰三山へ抜けていく強者です。

僕は休みがとれても、酒が無くなりそうなのでそっちには混ざりません。

別のパーティーは元旦に北沢峠から登るルートでしたので、僕らが登頂時には無線が繋がるかもしれません。

 

前夜泊

 

PC300696

 

前日は駒ヶ岳神社の駐車場にテントを張り、入山祝いの寝酒で早々に就寝。

翌日は5名で登り始めます。

 

 

PC300697

 

手前の2人は僕と同じパーティーですが、奥の2人は6日間組です。

ベテランなのでザックの大きさはあまり変わりませんが、密度が全く違います。

早くも僕は長期間の縦走をする2人を見る目が他人事のようなまなざしになってしまっています。

寝袋は毎晩の結露でバリバリに凍るし、酒も食料もわずかなはずです。

毎晩宴会をしたい僕らは、自分たちのことをさておいて、山行の無事を祈る気分です。

 

 

PC300698

 

山旅の無事を祈り、出発します。

 

 

PC300699

 

吊り橋には雪もなく、去年に引き続き、今年の雪不足が早くも心配になります。

鳳凰三山も雪なんてほとんどなかったですしね~・・。

 

今回こちらからの登頂ははじめてだったんですが、それにしても歩きやすい登山道が続きます。

 

PC300702

 

朝日も差し込み、なだらかな登りが続き心地よい!

甲斐駒ヶ岳は修験の山と言われて、こちらの黒戸尾根は表参道です。

 

やはり出てきた、有名な「刃渡り」です。

 

 

PC300706

 

凍ってたらいやなので、ここでアイゼンをつけます。

 

 

PC300707

 

鳳凰三山でお亡くなりになったアイゼンではなく、今回は15年ぶりの新品!

つるつる氷でもしっかり効いてくれて安心です。

 

 

PC300709

 

やっと五合目小屋跡付近の幕場に到着しました。

とても日当たりのよい場所です。

もーここでもいっかー!的になりますが、頑張ります。

 

ここから強烈に急峻な道になり、修験の山を思い知らされるのです。

 

インディージョーンズ的

 

 

PC300710

 

右奥にうつっているハシゴのような道を、アイゼンつけて登っていきます。

 

PC300711

 

さっきまでの遠足ムードはどこへいったのでしょうか。

インディージョーンズの世界になってしまいました・・・。

 

PC300712

 

うーむ こうしたところを大荷物担いで、アイゼンつけて無言で登っていきます。

 

もうやーめた!と言いたくなること、今回の幕場である七丈小屋に到着しました!

 

P1010765

 

テントを張る申告をして費用を払い、水をわけてもらいます。

なんとここは水場があり、真冬でも雪を溶かして水をつくる労力から解放された幕場なのです。

普段は雪をあつめて、ガスで溶かして、水をつくるところから1日がはじまるのですが、その分の燃料もいらないのでとても助かります!。

 

とにもかくにも今日の行動は終了!

なんと累積標高1800mくらいでした。

これから美味しい鍋とお酒で宴会です!

 

P1010748

 

続きはまたの機会に報告します!

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

<編集後記>

三日間、海辺の宿にカンヅメになって、事業計画策定合宿してきました。

宿の食事より断然近所の定職屋さんが美味しく、次回は食事なしですべて定食屋さんで済まそうと思います。

普段の生活で、仕事や家庭や自分自身のことをじっくりと考える機会は、意識して作り出さなければ出来ないので、こうして定期的に姿をくらましています。

 

 

次回は半年後くらいを考えています。

 

 

駿河屋を知らない人がまず最初に読む「駿河屋の想い」

【お問い合わせ】 【著者 プロフィール】 【ブログ一覧】

駿河屋の九代目がお送りする、天然素材・自然素材住宅のホント

幸せの住まい作り最初の一歩を間違えない為の

★メルマガ「厳選素材住宅論」登録・解除

★産直の厳選素材住宅 自然素材住宅・珪藻土・無垢の木なら創業1657年 駿河屋

Facebook

★僕のFacebookアカウント(フォロー大歓迎です)

★創業1657 駿河屋

★宿泊体感型モデルルーム&ナチュラルショップ「空まめの木」

★駿河屋の自然派体験クラブ「つちからの会」

記事が気に入ったら是非シェア宜しくお願い致します!(^_^)/

UPDATE:2017.01.20
CATEGORY:ブログ, 焚き火の焚き付け, 社長ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家づくりのコンセプト
  • 施工事例
  • お客様の声

お問い合わせCONTACT

こだわりの自然素材・天然素材(珪藻土・無垢・無添加・漆喰・い草・畳・和紙・塗料・布クロスなど)を使った注文住宅・リフォーム・健康住宅なら東京都墨田区の駿河屋0120-124-029